旅行、日記、思ったこと、なんでも気まぐれに書くブログです。 travel, diary, my items, my opinions, everything!


by ximiro

カテゴリ:お料理( 31 )

クリスマスディナー

今年のクリスマスは 自宅でディナーでした☆
一部のものは 前日の夜から ひみちゃんの手で仕込みましたよ♪

でもケーキは買ってきました。 一応 元いたセブンイレブンで予約。

あとは 予定外に おすそわけしていただいたものも ありました。
すっごいボリュームになっちゃった♪

☆☆おしながき☆☆

からあげ
ローストチキン
タンドリーチキン
チーズチキンソテー・ピクルス付き
かきフライ
串あげ(野菜、肉、魚介類)
生野菜レタス系サラダ
かぼちゃぜんざい
チーズケーキ
チョコレートケーキ
白ご飯


自宅で ここまで豪華にしたのは クリスマスに限らなくても 初めてだったんじゃないかな☆
少し節約してみようと思ったのと あんまり外出したい気分じゃなかったから 来年以降の予行演習も兼ねて がんばってみました♪

ギリギリまで 今年はどこのクリスマスディナーを食そうか? という考えも捨てられなかったけど・・・
とにもかくにも品数がたくさんワ~っと並んでいるのが希望で でも中華はイヤ! だったから・・・
結果 すっごく満足してる♪

ゼロから たくさん料理したこと自体 久しぶりだったなぁ~。

悪阻がひどくなってから 生協の宅配を利用するようになって それ以降ずっと ついつい冷凍食品とか下ごしらえの済んでいるもので 全メニューを賄ってしまう。

今はもちろん悪阻は終わってるけど 徒歩で重いものを持ち帰るのは大変。 お腹が張ってしまいそう。

散歩を兼ねて 毎日スーパーへ通って 少~しずつ買って帰る習慣にしようかな? って考えたこともあったけど 店内をダラダラ歩いても運動にならないそうだし 手荷物のせいで姿勢が傾いているのもよくないからね。

ちいちゃんの協力を得て買い物してみたこともあったけど 翌日以降 背丈に合わない高さの流し台で 野菜の皮剥きなんかしていると腰痛になるので やっぱり生協は止められなかったよ。

それとね 子供が1歳になるまでは 宅配料が無料なんだ。 せっかくだから このまま 牛乳1本だけでも利用しようと思ってます。

[PR]
by ximiro | 2010-12-28 16:12 | お料理

11月21日の夕食

今日ひみちゃんの家に かなさんと ティムさん それから コウちゃんと ハナちゃんが 遊びに来てくれました★
そして現在帰省中の かなさんの ご実家から お父上が畑で栽培されたという 採れたてのお野菜も たくさんいただいてしまいました♪

今日は とっても不思議な日★
かなさんたちを見送った後 夕方になってから 他の方々からも いろいろ いただいてしまいました★
おかげさまで贅沢な夕食♪

c0183680_23533662.jpgかなさんから いただいた野菜の1つ。 大根葉。
3分の1くらい ひみちゃんの実家に おすそわけしましたが まだこ~んなにあります★


c0183680_23535365.jpgさらに やぎさんから 葉っぱ付き大根をいただきました★
かなさんのお宅からいただいたものとは 種類が違うようですね~。
大根は保存して 本日は葉っぱだけ いただくことにしました。
それでも まな板に乗せたら この量♪


c0183680_23541499.jpg両方まとめて刻んで 冷凍庫の牛肉と一緒に しょうゆとゴマ油で炒め すりゴマをまぶしました♪
たくさん出来たので 少し取り分けておきました。
明日ひみ家に遊びに来る fubukiちゃんに お土産に持たせましょう。


c0183680_23543213.jpgサナエおばちゃんからは なんと生牡蠣をいっただき~★


c0183680_23544521.jpgちいちゃんが 頑張って 頑張って 殻を剥き・・・


c0183680_23545926.jpgこちらも やぎさんからいただいた 無農薬栽培のレモンを絞って・・・ お~いし~い♪


c0183680_23551588.jpg最後は 自営業の 平岩のおじちゃんから いただいた 新商品の ダシ巻きタマゴ★

栄養いっぱい お腹もいっぱい 大満足♪

[PR]
by ximiro | 2009-11-21 23:25 | お料理

リゾット

c0183680_21535147.jpgひみちゃんが 初めて自分で作った リゾットです☆

和風の おじや 雑炊などは これまでにも 作ったことがあったんですが。

味付け & 具材は・・・

お鍋のお湯に 固形コンソメを溶いて
カットトマトの缶詰を 汁ごと入れて
市販の サラダ用 茹でた鶏ささみ肉を裂いたもの レトルトパック
これも 汁(チキンエキス)ごと 入れました。

他には キャベツの千切り ブラックオリーブ そして もちろんご飯。 ご飯は冷や飯です☆

煮込んで お皿に盛り付けた後 
仕上げに パセリを振りかけて (ありったけ かけちゃった☆)
さらに風味付けに エキストラバージン オリーブオイル 少々♪

引っ越し前の あり合わせ材料のリゾットでした☆

[PR]
by ximiro | 2009-10-06 22:04 | お料理

クスクス

c0183680_0312917.jpgカフェ ラ・フルールさんで食べた クスクスが とってもおいしかったので 市販のクスクスを見つけた時に 即買いして 家でも作りました☆

クスクスは 地中海沿岸の アフリカ諸国に共通した料理です。 スパゲティの原型とも言われる 小麦粉を1ミリくらいの粒状にしたものです。

日本の カフェや レストランなどでは バターで炒めたり パスタソースに絡めたりしますが アフリカでは 野菜と肉の炒め物などを添えて クスクスを主食としているようです。

ラ・フルールさんでは レタスや人参のサラダ ポテトサラダなど 3種類のサラダと 鶏肉とパプリカの炒め物が クスクスと一緒にプレートになっていました。

ひみちゃんは バターで炒めたクスクスに 鶏肉 玉葱 ピーマンを コショウとオリーブオイルで炒めて 添えました☆

本当は パプリカも混ぜて お手本どおり 色どり豊かに仕上げたかったのですが・・・

ちょうど 近所のスーパーが閉店されることになり セールで鶏肉は安かったんです。
でも パプリカは入荷されていませんでした。
野菜をたくさん食べたいから そのぶん ピーマンをたくさん入れました♪

[PR]
by ximiro | 2009-10-01 22:31 | お料理

ニョッキ

c0183680_17312966.jpgポテトの ニョッキ を 使って お料理してみました☆

ニョッキは じゃが芋のデンプンを使って作られた パスタの一種です。
日本人的には マカロニ と言ったほうが 感覚的に理解しやすいかもしれません。

見た目や 歯ごたえは 白玉団子と似ています。 塩茹でにして トマトソースなどと和えて 食べます。 市販のパスタソースに 和えるだけでも 簡単でおいしいです☆

ひみちゃんは かぼちゃ 玉葱 ランチョンミート(豚肉のハムの缶詰) を 角切りにして 缶詰のコーンと ニョッキと一緒に 水と塩で 煮込みました。 ランチョンミートには 塩が たくさん入っているので 水に入れる塩は 少なくしました。

入れる順番は 水 塩 玉葱 かぼちゃ ニョッキ コーン ランチョンミート の順です。
お湯が沸騰したら 火の通りが悪いものから 少しずつ時間差を作って 鍋に入れていきます。 最後のランチョンミートは 少し温まったら あとは余熱だけでも 十分です。
かぼちゃを煮崩れさせたい場合には 玉葱よりも先に かぼちゃから鍋に入れます。

ニョッキは 先に塩茹で しておいて 最後に和えるだけ というのが 本来の作り方らしいですが そんな面倒は しませんでした。 時間と 水と ガスの 節約です☆

[PR]
by ximiro | 2009-09-17 17:50 | お料理

温野菜サラダ

c0183680_1113597.jpg


オリーブオイルと コショウの味付けです☆

最初に 1~2センチのサイコロに切った かぼちゃを炒めます。
素揚げになりそうなくらい オイルを入れました。

次に さっと茹でてから ひと口サイズに切った ホウレンソウと 
生のまま 1センチ角に切った ピーマンかパプリカを 加えます。

火を止めて ザクザク切ったレタスを混ぜて 余熱でしんなりさせます。

ひみちゃんは 食べる前に ツナを乗せました♪

[PR]
by ximiro | 2009-07-17 11:19 | お料理

Feijoada completa

Feijoada completa
フェイジョアーダ コンプレッタ

c0183680_1212842.jpg


セルヴィツーで もう1つ買った ブラジル料理の レトルトパックを開けてみました♪

フェイジョアーダは 黒いんげん豆を 牛肉や豚肉と 一緒に煮込んだ料理です。
ご飯にかけて食べます☆

ブラジルでは さらに キャッサバ芋の粉末や 炒めたケールの葉 オレンジなどが添えられることも 多いそうです。
ブラジル国内のレストランでは 日替わりメニューとして よく登場するそうです。

この真っ黒い色は 黒いんげん豆から出た色。 牛肉も 煮込むと茶色になるから 見た目は真っ黒ですね。 豆が 少し溶けているから 小倉あんのようにも見えます。
このパックでは 豚肉は ソーセージが刻まれて入っていました。

お味のほうは 塩こしょうをベースに 肉の旨みと 豆! 豆!豆!
薄味で 日本人にもなじみやすい味です。

汁気は少ないです。 お豆が全部 吸ってしまったようです。
全ての材料の中で 豆の味と食感が いちばん主張しているから 日本の米にも よく合います。

豆は 種だから 植物が発芽するための栄養を 全部持っています。
人間の体にも とてもいい食材ですね♪

[PR]
by ximiro | 2009-07-16 12:13 | お料理
リコポンから いただいた 工芸茶の中に 頭が二つに割れているものが 2個ありました。
2回めと 3回めは これを飲んでみることにしました。

c0183680_18495458.jpg


c0183680_18501070.jpg


なんと 出て来た花は 両方とも同じでした☆
いろいろな種類の ランダムに寄せ集めたものだから こういう場合もあったんですね♪
とても色鮮やかで 綺麗な花です。

c0183680_1852097.jpg


c0183680_18521129.jpg


c0183680_18522119.jpg


c0183680_18523342.jpg


ところで この種類のお茶の 名前がわからない。。。

アソートに入っている可能性があるリストの中で 当てはまりそうなものは
花龍吐珠 または 鉄樹開花 の どちらかなのですが・・・。

見本の写真によると 花龍吐珠 の場合は 赤いほうの花が ビヨ~ンと高く伸びています。
鉄樹開花 の場合は 後ろ側にもう一輪 白い花があるんじゃないか と見受けられるのです。

花の種類が違う なんてこと ないと思うので やっぱり花龍吐珠なのでしょうね。 そういう結論になりました。
そして いずれにしても 読み方はわからないのでした。

味は 最初のものよりも こちらのほうが おいしく感じました。

[PR]
by ximiro | 2009-07-14 18:58 | お料理

ミネストローネもどき

ジュレックスープを作る時に 一緒に作った ミネストローネもどき。
冷蔵庫に入っていた 使いかけ ありあわせの 野菜たちを まとめてコンソメの中へ。

c0183680_20424990.jpg


じゃがいも トマト チンゲンサイ パプリカ 人参が 入っています。

[PR]
by ximiro | 2009-07-12 20:44 | お料理

ジュレックスープ

c0183680_9181581.jpg


ジャーンちゃんのおうちで教わった ポーランド料理の1つ。
『ジュレックスープ』
これを なんとか 再現してみました☆

このスープは 作り方は簡単だけど 材料が日本では手に入らないそうです。
在欧歴の長かった 日本人の夫ちゃん カズちゃんの お墨付きです。

どうしても せっかく教わったポーランド料理を 自分で作ってみたいのに 未だ ポーランド産のザワークラウトは 近所では見つけられません。
ひとまずドイツ産のザワークラウトを使う というテもあるけれど 一度試したジャーンちゃんからは やっぱり若干違う味になる と言われているので それはなんだか悔しくてイヤダ~。
いちばん興味があった 『ビゴス』 は 3日3晩かかるので無理だけれど 
二番めに興味があり 実はいちばんおいしかった 『クロッケ』 を 作ってみようと思っていたのにな~。

仕方がないから 他の料理に 先にチャレンジすることに。

手軽に材料が手に入り 簡単に作れる その他の料理も いくつか教わりましたが ジュレックスープのほうが よりいっそう 『外国のもの』 っていう雰囲気があったので 日本でも手に入れられる材料で やってみようと 思い切ってみました♪

本来の材料とは 全然違うものを使用したけれど 最終的な味を近づけようと思って 手近な材料で 頑張りました☆

ちいちゃんからも
おいしいよ♪ 普通のコンソメスープ (同時に作った) よりもおいしい♪
と 言ってもらえて 一部発言に微妙ながらも ホッ。

どう? ちゃんと出来てる? と聞いてみたけれど
正解の味を知らないから オイシイとしか言えないよ・・・ という答え。 ごもっともです。


☆本当のレシピと ひみちゃんのレシピ☆

1.ジャガイモの角切りと ソーセージを 水で煮込みます。

本当は 生ソーセージを使いたいのですが 日本では 簡単に入手できない方のほうが多いと思います。 ひみちゃんも そうです。
今回は どこでも市販されているソーセージを使いましたが その場合 ほんの少し切れ込みを入れておくと いいかもしれません。
ソーセージの肉汁を 少しでいいので 出汁のように出したいからです。


2.ポーランドのハーブを加えます。

これが 日本では手に入らない という。。。
ポーランドでは ジュレックスープ用に 数種類のハーブのミックスが スープの素のようにパックされて 売られています。
袋には 中身のハーブの名前がポーランド語で書かれ ジャーンちゃんも解説不可能だったので なおさらお手上げ。

そこで ひみちゃんは 仕上がりの味から計算して 海苔と酢を入れました☆
なんとなく磯っぽい香りと味 そして ほんのり酸味を感じたから。
ハーブに 海苔と似ている味のものがあるなんて 不思議ですね♪
ちなみにポーランドでは 海藻類を食べることは ほとんどないそうです。

この時は 普通の海苔を使いましたが 塩気を抜いた生海苔だったら もっと良かったかもしれません。 試していないので 保証はできませんが。。。


3.潰すか 刻むかした ニンニクを入れ 酢を飛ばしつつ ニンニクに加熱します。


4.小麦粉を入れます。

小麦粉を入れることによって ポタージュスープのような 濃厚なスープにします。

ジャーンちゃんは 普通の薄力粉を使っていました。
もちろん それで十分です。

ひみちゃんは 偶然 オート小麦の小麦粉を持っていたので それを使いました。
ポーランドのパンを食べた時 オート小麦かライ麦のような味だったので 本来はこっちかな? と感じて そうしてみました。


5.お椀に 硬ゆで卵の四つ切を入れて その上に ジュレックスープを盛り付けます。

ゆで卵を作る時は 塩を入れなくても構いません。

写真では 具材が見えやすいようにしてありますが 本当は ゆで卵が隠れてしまうくらい スープを入れちゃってください☆
お芋ゴロゴロ ソーセージごろごろ な感じです。


☆少々ご注意を☆

このスープは 冬のポーランド料理です。 豪雪地帯であるポーランドでは 体を芯から温めるために食されます。
まして ひみちゃんバージョンは 酢とニンニク という組み合わせ。 発熱効果バツグンです。

もちろん夏場に食べても 好きな時に食べていいのですが 
その点を失念し よりによって梅雨時に食べてしまった ひみちゃんは 
エアコンでドライを使っているにもかかわらず ハンパなく汗をかき 大変な食事となりました。

[PR]
by ximiro | 2009-07-10 10:12 | お料理